2024/02/02 学校図書館から 2月のテーマ展示


ここは、本校にある天文台です。



定時制・天文部の生徒が観測の様子を聞かせてくれたのが羨ましくて、昼間の時間帯ですが中に入らせてもらいました。
空気の澄んだこの季節の夜空は美しいでしょうね。

今月は「五日市の夜空」と題して星座に関する本を展示しています。



皆さんは、1等星、2等星…という言葉を聞いたことがありますか。
紹介図書の1冊、『星ごよみ 星座と宇宙の観察図鑑』林完次・写真と文(山川出版社)によると、これは等級といって星の明るさを表す単位だそうです。



数字が小さければ小さいほど、その星は明るいとされています。
今の季節、南の空を眺めると1等星が7つもあります。

おうし座のアルデバラン、ぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のポルックス、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のリゲルを結ぶと、「冬の六角形」ができます。
今夜も見えるでしょうか。



≫ 図書館のページはこちら

(掲載977)
3年アウトドアコース、デイキャンプin自然人村
 3学年アウトドアコース、最後の授業は、いつもお世話になっている自然人村でデイキャンプを実施しました。ファイヤースターターで火起こし。各自で考えた野外調理。ハンモック体験。それぞれがこれまでの経験を踏まえてデイキャンプを楽しみました。昼食後は、2年間アウトドアコースで学んだ事を振り返り、1人ずつ、楽しかったことや辛かったこと、思い出に残っていることを発表しました。アウトドアコースの授業を通して、コミュニケーション力が身についた。自分で決断する力が身についた。事前の準備の大切さを学び、実行できるようになった等、全員がアウトドアを通して成長したことを実感していました。教室で学ぶことも大切ですが、アウトドアを通して学ぶことの大きな可能性を改めて実感しました。
 中学生の皆さん、ぜひ五日市高校で、このアウトドアコースで一緒に学びましょう。地域の皆様、今後も五日市高校アウトドアコースをよろしくお願いします。


(掲載976)
3学年全体の探究発表会を実施しました!【1〜3学年総合的な探究の時間】
記事はこちらをクリック
(掲載975)
2024.01.27 「あきる野に、あったら、良いな」を届けるラップむしレコーディングワークショップに参加!
土曜日に学校近くの「100日荘」で作家の成瀬つばささんが手がけるラップむしを使ったレコーディングイベントが行われました。
近隣の小学生、中学生数名が参加し、ESS生徒も参加しました。

テーマは「あきる野に、あったらいいな」というものを付箋に書き出していきます。「植物園」「ライブハウス」「ネカフェ」「スケートリンク」等々、様々な意見が出ました。

参加者で地元在住の中島さんは、地域の課題である障がい者も住みやすい地域ということを念頭に、「インクルーシブ公園」を挙げていました。さすが、高校生が入ると違うねと言われました。

書いた付箋はパソコンで取り込み、アプリの中に入れていきます。その後、1人1人の声を、レコーディングをして、ラップのリズムに乗せた音楽ができました。「あきる野にあったらいいな」は皆で声を揃えて言いました。


完成した100日荘限定のラップむしは、市長に「子供たちの声」として届けられます。

作成したオリジナルキーホルダーをかざすと、ラップむしが聞けます。
「あきる野に、あったらいいな、あったらうれしい、つくってほしい、これがたのしい」
というかわいい耳に残るリズムができました。この声が市長にも届き、より魅力的な街になると良いなと思いました。

以下の写真は「ラップムシ あきる野特別バージョン」です。
文字やイラストも参加者メンバーで作成したものです!
QRコードを読み取って頂くと、オリジナルバージョンが聞けます!

(掲載974)
生徒会が能登半島地震の募金活動を行いました。

 本校生徒会執行部が、令和6年能登半島地震の募金活動を行いました。1月中旬の3日間、生徒の登校時と下校時にこだまホールに立ち募金の協力をお願いしました。生徒だけでなく教員にも呼びかけ、合計で22,723円の義援金が集まりました。集まったお金はあきる野市から日本赤十字社を通じて被災地に届けられます。被災地の1日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
(掲載973)
2024/01/23 「推薦に基づく選抜」出願者向けのお知らせを掲載しました。
推薦に基づく選抜について、検査当日の集合時間や諸注意、入学料の取り扱いについて等の大事な連絡(1月23日付のPDFデータ2つ)を掲載しました。

出願者は、必ず内容を確認してください。

https://itsukaichi-h.metro.ed.jp/zen/04nyugaku-bosyuu.html(入試情報)

(掲載971)
クラス内探究発表会!&探究発表に向けての準備を頑張っています!【3学年総合的な探究の時間】
火曜日はいよいよ、最後の発表の場、3年間の集大成を発信する場である探究発表会が行われます!生徒は五高フェス終了後から、チームに分かれて、これまでの振り返りをしながら、プレゼン準備を行いました。先週は、まずはプロジェクト内で自分たちのやってきたことをプレゼン形式でまとめて発表を行いました。先週は連携している嘉悦大学の木幡先生・菊川さんにも来ていただき、生徒の発表に対するフィードバックを頂きました。自分たちが取り組んできたことを第三者にもわかる形で伝えていくにはどうしたら良いのかを分かりやすく教えて頂きました。

頂いた指摘を元に、各チームプレゼンPPTの改良、原稿を修正しました。
生徒には、「今までの集大成、最高のものを当日発表できるようにしてほしい」と伝えました。
「これくらいで良いや」「提出してあれば良いや」という感覚の人が多いことを予想していましたが…先週、夜遅くに見廻りをしていたら、ある教室に光が…中を見てみたら、あるグループの生徒が、一生懸命、プレゼン作成に取り組んでいたのです!もう完成しているのですが、「これで伝わるだろうか?」「これじゃ納得がいかない」「絶対に代表者として発表したい!」という想いを伝えてくれました。翌日の朝も、早く学校に来て、原稿を見てくれないかと言いに来た生徒もいます。こうした生徒の姿に感動しました。五日市の希望の光だと思いました。

先週の金曜日、今度はグループを混ぜて、自分たち以外のグループのメンバーにもわかりやすいプレゼンをすることを目指してプレゼン発表に取り組みました。

どの班も先週の発表よりもパワーアップしていると感じました。発表を聞いている生徒は付箋に「グッときたポイント」「もっと、こうすると良いのではアドバイス」を書き、グループ1枚に皆のフィードバック貼り付けていきました。その後、グループでコメントを見て振り返りをし、さらに月曜日の2回目の発表に備えていきます。
月曜日は個人発表もあります。明日火曜日の探究発表会では、8プロジェクトの発表と個人スピーチ3人が登壇(11時ごろから体育館で実施)します。3年間の生徒の成長を是非、見に来てください!

(掲載970)
クラス内探究発表会!&探究発表に向けての準備を頑張っています!【3学年総合的な探究の時間】
火曜日はいよいよ、最後の発表の場、3年間の集大成を発信する場である探究発表会が行われます!生徒は五高フェス終了後から、チームに分かれて、これまでの振り返りをしながら、プレゼン準備を行いました。先週は、まずはプロジェクト内で自分たちのやってきたことをプレゼン形式でまとめて発表を行いました。先週は連携している嘉悦大学の木幡先生・菊川さんにも来ていただき、生徒の発表に対するフィードバックを頂きました。自分たちが取り組んできたことを第三者にもわかる形で伝えていくにはどうしたら良いのかを分かりやすく教えて頂きました。

頂いた指摘を元に、各チームプレゼンPPTの改良、原稿を修正しました。
生徒には、「今までの集大成、最高のものを当日発表できるようにしてほしい」と伝えました。
「これくらいで良いや」「提出してあれば良いや」という感覚の人が多いことを予想していましたが…先週、夜遅くに見廻りをしていたら、ある教室に光が…中を見てみたら、あるグループの生徒が、一生懸命、プレゼン作成に取り組んでいたのです!もう完成しているのですが、「これで伝わるだろうか?」「これじゃ納得がいかない」「絶対に代表者として発表したい!」という想いを伝えてくれました。翌日の朝も、早く学校に来て、原稿を見てくれないかと言いに来た生徒もいます。こうした生徒の姿に感動しました。五日市の希望の光だと思いました。

先週の金曜日、今度はグループを混ぜて、自分たち以外のグループのメンバーにもわかりやすいプレゼンをすることを目指してプレゼン発表に取り組みました。

どの班も先週の発表よりもパワーアップしていると感じました。発表を聞いている生徒は付箋に「グッときたポイント」「もっと、こうすると良いのではアドバイス」を書き、グループ1枚に皆のフィードバック貼り付けていきました。その後、グループでコメントを見て振り返りをし、さらに月曜日の2回目の発表に備えていきます。
月曜日は個人発表もあります。明日火曜日の探究発表会では、8プロジェクトの発表と個人スピーチ3人が登壇(11時ごろから体育館で実施)します。3年間の生徒の成長を是非、見に来てください!

(掲載969)
2024/01/21 【第19回】75期生アウトドアコース(高尾山登山&ガイドツアー実習)
1月18日(木)に第19回アウトドアコース授業を実施しました。
今回は「高尾山登山&ツアーガイド実習」を実施。まずは登山の楽しみを見出すこと。そして、学校のある五日市周辺と高尾山との違いを感じ取ることや広い視野でのモノの見方、観光地の意義や価値などを知ることを目的としました。

✦ 高尾山登山 ✦
いつもお世話になっているトレイルランナーの方の口癖が「山を舐めるな!」。
この言葉を胸に事前学習(1/11実施)をきちんと実施しました。

【※事前学習…「登山マナーについて」「山の約束事」「登山計画(経路・持ち物など)」「高尾山探究活動(五日市の山との違い・高尾山の見所など)」を考える】。

当日は快晴。登りでは少し汗ばむ陽気でした。前回は春にトレイルランニングをしましたが、その時とはまた違う四季折々の表情を見せてくれました。
そして山頂ではいつもの絶景が。富士山もきれいに見え、登山の醍醐味を存分に味わうことができました。



平日でしたが、多くの観光客で溢れ、茶屋もお土産屋さんも大繁盛の高尾山。
今後は、この活気ある観光地と五日市の違いを整理し、自分たちが地域にできることを探究していきたいと思います。



✦ ガイドツアー実習 ✦
山頂にある「高尾ビジターセンター」の方を講師にお招きして、ガイドツアー実習をしていただきました。
約50分の高尾山ガイドツアーは、山頂を巡りながら、高尾山に生息している植物や動物・昆虫などのお話を聞きながら学びます。

蚕の祖先「クワコ」の話や「シモバシラの話」「ムササビの話」「獣道・獣のトイレ」「ブナの木」など、実際に目で見たり、触れたりすることができ、学びをより深めることができました。

日常の中に新しい視点を生み出したり、当たり前のことを当たり前でなく探究したりすることの大切さを身に染みることができる時間でした。


(掲載968)
3年アウトドアコース、南尾セブンサミッツ ラストトレイル
 3学年アウトドアコースでは、最後のトレイルランニングの授業を実施しました。この尾周辺は、このメンバーが初めてトレイルランニングを実施し、学んだ場所です。この2年間でトレイルランニングを通して、山の危険性やリスクマネジメントについて、事前準備の大切さや山や自然の素晴らしさ等、たくさんのことを学ぶことができました。今回のコースは最長20キロもある中で、それぞれが各自のペースで無事に山頂に到着し、下山することができました。山頂では、最高の景色の中で、温かい豚汁などを美味しくいただきました。じゅんさん、お忙しい中、お昼の準備をしていただき、ありがとうございました。そしてすんすけぇさん、2年間素敵な授業を実施してくださり、ありがとういございました。今後も五日市高校アウトドアコースをよろしくお願いします。

(掲載967)
1-1011-2021-3031-4041-5051-6061-7071-8081-9091-100
101-110111-120121-130131-140141-150151-160161-170171-180181-190191-200
201-210211-220221-230231-240241-250251-260261-270271-280281-290291-300
301-310311-320321-330331-340341-350351-360361-370371-380381-390391-400
401-410411-420421-430431-440441-450451-460461-470471-480481-490491-500
501-510511-520521-530531-540541-550551-560561-570571-580581-590591-600
601-610611-620621-630631-640641-650651-658