学校案内/校長あいさつ
トップページ ⇒ 学校案内 ⇒ 校長あいさつ

山形県立山形北高等学校  校長 海和 雅人

 山形県立山形北高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 

 本校は、県都山形市の中心部に位置し、近くに日本一の芋煮会が行われる馬見ヶ崎川があり、秀峰蔵王を東に仰ぎみることができる、緑が豊かな自然環境の中にあります。また、周辺には県立図書館や教育資料館などもあり、文化的香りが漂う落ち着いた教育環境で学びを深めています。

 本校の歩みは、昭和3年4月山形市香澄町木ノ実小路に創立された山形県立山形第二高等女学校が前身です。昭和27年4月に、現在の校名になり、同38年11月に現在地の緑町に移転しました。昭和40年に設置された音楽科の卒業生たちも全国的な活動を展開し活躍しています。巣立った卒業生は2万4千人を超え、2018年には創立90周年を迎えた伝統ある普通科と音楽科の2学科を有する高等学校です。

 また、県高等学校文化連盟の事務局としての役割も担っております。

 本校校歌の作詞者は、アララギ派の歌人であり精神科医の斎藤茂吉氏です。校歌歌詞の「倦まず たゆまず ほがらかに」の趣旨を拠り所とし、「ほがらかに温かく、まえむきに誇らしく、しなやかに逞しく」の教育目標のもと、生徒たちは学習や部活動等に励み、明るく生き生きと学校生活を送っています。

 今後とも、本校の教育活動に関心を寄せていただき、ご理解ご協力をくださいますようお願い申し上げます。